2015年11月19日

Youtubeで動画のチャンネル作ってみました。

前回の投稿から少し時間が空きましたが、せっかく動画でチュートリアルを作るならと思い、Youtubeでチャンネルを作ってみました。

https://www.youtube.com/channel/UCoacDWYgIoKtxvHGQGRq9QA

SKYRIM、Blender、OutfitStudioなどに関しての動画をこれからどんどんアップしたいと思いますので、良ければチャンネル登録おねがいします♪

本日アップロードした動画はこちら。




Youtubeでも、こちらでも、コメント・質問などあればお気軽にどうぞ♪



posted by シアーシャ at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

Millepon Diamond ENBを使ってみた。


最近スカイリムでドラマかアニメか映画か、、そんなものを作ってみたいと思う今日この頃です。
という事で、スカイリムの世界観(色彩観?)を劇的に変化させる「Millepon Diamond ENB」を導入してみました。

Millepon Diamond ENB



コントラストといい、ヴィヴィッド感といい・・とにかく素晴らしいの一言に尽きます。
このENBの導入後、最初に起動したときの感動は忘れません(笑

PCの性能に余裕のある方は是非お試しください。
私はもうこのMODと生涯を共にします(笑 いや、それくらいいいですよ、ホント。

因みに、この動画は、ドラマ風に仕立てて作ってみましたが、、途中エロ注意です。

明日はまじめに、Blenderのチュートリアルを作ってみたいと思います。
手順の説明と画像プラス、動画も作る予定なので、明日アップできるとは限りませんので。。(汗

あと、近いうちに、今まで作ったNPCとか、ECEのプリセットなどを配布したいな〜とも考えております。。
元々美人キャラ作成ネタという事で、立ち上げましたので・・それくらいはしないと・・(笑


まぁ、欲しい方がいるかどうかわかりませんが・・


New NPC Aaliyah

New NPC Ayame

New NPC Serana


因みに、動画に出演している新人さんは、Alliceといいます。(スペルが違うとかいうツッコミはなしでお願いします 笑)







posted by シアーシャ at 17:37| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

Blender x Outfit Studio で超簡単に衣装合わせ♪

久々の更新になります。。

Outfit Studioで アウトフィットやボディの形状を編集する場合、使ってみるとわかりますが、ミラーモードが完璧ではないため、完全に左右対称にしたい場合には不向きかと思います。

また、頂点やメッシュの編集においても、ブラシによるアバウトな範囲編集なので、ブラシの調整を試行錯誤しなければならないし、なかなか思い通りのボディシェイプにすることが難しいです。

あと、編集したい部分を拡大し、目の前に持ってこようとすると、ビューの回転が原点を中心に回るので、なかなかうまくいかないですよね。

例えば、Blenderのように選択した頂点または選択範囲を中心にビューを回転させることが可能であれば編集の作業もかなり楽になると思うのですが。。

もしOutfit Studioにそのような方法があるとして、知っている方がいれば是非教えてください!(笑

というよりも、Outfit Studio はポリゴンメッシュを編集するための専用ソフトではないので、むしろメッシュの編集は、Blenderでやれば間違いないでしょう。

Outfit Studioでメッシュをあれこれいじるよりも、この際、Blenderでのメッシュ編集方法を覚えちゃいましょう!

Blenderでメッシュを編集する作業は余程凝ったことをしない限り、皆さんが思っているよりも簡単です。

編集に必要なコマンドも、頂点、辺、面などを足したり引いたりする必要がなく、元々ある.nifのメッシュデータをいじる(頂点を移動する)だけなので、10コマンドも覚える必要がないでしょう。

また次の機会にBlenderで体型をいじるための必要最低限のコマンド集やチュートリアル的なものも紹介したいと思います。

という事で今回は、誰でも使え、しかもMAXやMAYA、SOFTIMAGE|XSI に迫る高機能な3DオーサリングソフトであるBlenderを使って思い通りの体型やアウトフィットを作ろう!! という内容の記事です♪

余談ですが、私、2007年頃にSOFTIMAGE|XSI の Foundation というバージョンを購入し使っていたのですが、現在はもっぱら Blender が気に入り、完全にこちらがメインになっています。。何より無料ですし・・(笑

http://indyzone.jp/blog/archives/2007/04/softimagexsi_fo_2.html (XSIも確かにものすごく使いやすかったです。あと、XSIのインターフェイスが好きでした 笑)

Blenderには2種類のミラーモード(通常のミラーモードとモディファイアによるミラー)、対称にスナップ(Snap to Symmetry)という左右対称のモデルを作成するのに便利かつ強力なコマンドが実装されているので、キャラクターをメインでいじる私にとっては手放せないツール(ソフトウェア)という事になってます。

さて、通常、Blenderで .nif をインポートし形状を変更し、それを再度 .nif でエクスポートするといった手法がブログなどで紹介されていますが、その場合だとエクスポートした .nif を NifSkope などでかなりの修正をしなければならないようです。

私が発見した方法は、Blenderで.nif をインポートし、代わりに .obj ファイルをエクスポートすれば、Outfit Studioでシェイプをマージするだけで ウェイトのコピーなどもする必要もなく.nif のボディメッシュを簡単、且つ自分の思い通りに変更することができるというものです。

(Shape ⇒ Import Shape from .obj)

これは既にやっている人がいるかもしれないので、裏技と言って良いかどうかはわかりませんが、まぁとにかく私が説明書もろくに読まずに試行錯誤している間に偶然発見した方法となります(笑

私の場合、Blenderから .nif のエクスポートの際にエラーを吐いて、どうやってもエクスポートが出来ず、他の方法を探しているうちに偶然このやり方を発見したといった感じです。

では、早速やってみましょう。

今回は、Hentaiさん作のアウトフィット「TWO CASUAL WEARS BY HENTAI」のビキニのほうを使って、これを私が独自でリシェイプした「SeveNBase Bombshell NUDE」とブレンドさせる方法です。

まずは、Outfit Studioで、Hentaiさんのビキニを読み込みます(File ⇒ Load Outfit..)

140514-029.png

次に、Outfit Studioで、体型を合わせたい.nifを(File ⇒ Load Reference..)で読み込みます。
※今回は、私がリシェイプした「SeveNBase Bombshell NUDE」を読み込みました。

140514-029.png

140514-029.png

元々あるボディデータ(SLIM PUSHUPNW3.001)を(右クリック ⇒ Delete Shape)または Del キーで削除します。
※元々あるボディデータを削除するのは、読み込んだボディデータと置き換える為です。

140514-029.png

そして読み込んだデータが(Material.001)なので、これを右クリックし、(Duplicate Shape...)で適当な名前を付けて複製します。
ここでは、(SeveNBase_Bombshell_Nude.001)としました。

140514-029.png


ここまで出来たら、(File ⇒ Export ⇒ Export NIF)で新しく名前を付けてBlenderで編集用の.nif ファイルとして保存します。

次に、Blenderで、この.nif ファイルを読み込みます。(※予めNIFのインポート・エクスポートプラグインを導入しておいてください)
このページの "Download" 欄の "SHOW" をクリックしリンク先からDL

140514-029.png

読み込みの際は、とりあえずオプションをいじらずにそのまま読み込んでください。
※Blender起動時にすでにあるボックスオブジェクトは削除してください。

140514-029.png

読み込んだら、ビキニ(アウトフィット)を右クリックして選択し、エディットモードにし、場合によっては「A」キーを数回押し、アウトフィットの全頂点が選択された状態で「W」キーを押し、(対称にスナップ / Snap to Symmetry)をかけておきます。

140514-029.png

この時、Blender 上部のインフォメーション窓に、既に対称になっている頂点の数と、どれだけスナップ出来たか、出来なかったかという情報が一瞬表示されます。

140514-029.png

スナップされなかった頂点は左右の位置が余りにもかけ離れていて設定されたしきい値内ではスナップされなかったという事なので、
(しきい値 / Threshold や 強さ / Factor)などの値を変更してみてください。
変更してもスナップしない場合は、あまりにも左右対称からかけ離れた頂点があるという事なので、その部分に関しては手作業で修正します。

(方向 / Direction)は、X, Y, Z それぞれの軸を中心に、どちらからどちらへ頂点の位置情報を与えるかを決めるので、この場合は、-X to +X, もしくは、+X to -X となります。

グローバル座標で、ボディ正面から見て左半分が、+X なので、左半分の頂点を右半分に合わせたければ、+X to -X その逆ならば、-X to +X を設定します。

140514-029.png

これをやったうえで、メッシュオプションの、X Mirror(ミラーモード) にチェックを入れます。
※実際は、スナップで対称にならなかった頂点を探し、それを完全に対称化した後に「X Mirror」をかけますが、今回は一連の流れを紹介するだけなので、その手順は飛ばします。

140514-029.png

X Mirrorにすると、体の左右どちらか一方のみを編集すればOKなので、ここからはアウトフィットをボディに合わせて編集していきます。
※次回の記事でBlenderでの編集テクニックを紹介する予定です。

で、とりあえず、編集出来たとして、これを .nif ではなく、.obj としてエクスポートしてみます。

140514-029.png

.objのエクスポートの際は、オプションを以下の画像の様に設定してください。
※オブジェクトモードで、「アウトフィットのみ」を選択状態にしておいてください。

140514-029.png

特に、スケールを「0.1」に変更する点と、Forward / UPの箇所の変更もお忘れなく。
Forward は「Y Forward」UP は「Z Up」です。

適当に名前を付けて保存したら、次は最後の仕上げです。

Outfit Studioで、先ほどBlender編集用として作った.nifファイルを開きます。

メニューの(Shape ⇒ Import Shape from .obj)から、Blenderでエクスポートした.objファイルを読み込みます。

140514-029.png

140514-029.png

ここで、Merge or New のメッセージが出るので、「Yes」をクリックします。

140514-029.png


すると・・・

Blenderで編集したアウトフィットが見事に適用されましたね!


140514-029.png

最後にこれを実際にゲームで使う用の.nifファイルとして保存します。

140514-029.png


(File ⇒ Export ⇒ Export NIF)



140514-029.png

これで完成です♪



posted by シアーシャ at 19:08| Comment(1) | アウトフィット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド